LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTTロジスコ/千葉県市川市に化粧品物流専用危険物倉庫を竣工

2022年01月31日/物流施設

NTTロジスコは1月31日、関東圏の主要物流拠点である千葉県市川市の千葉物流センターで、化粧品物流専用の「千葉物流センター危険物倉庫」を2021年12月31日に竣工したと発表した。

<危険物倉庫外観>
20220131nttlogi1 520x347 - NTTロジスコ/千葉県市川市に化粧品物流専用危険物倉庫を竣工

<危険物倉庫庫内>
20220113nttlogi2 520x346 - NTTロジスコ/千葉県市川市に化粧品物流専用危険物倉庫を竣工

<危険物倉庫内泡消火設備>
20220131nttlogi3 520x346 - NTTロジスコ/千葉県市川市に化粧品物流専用危険物倉庫を竣工

2014年に開設した千葉物流センターB棟では、シェアリング型の化粧品物流プラットフォームを展開しており、医薬品医療機器等法(薬機法)上の化粧品製造業許可を取得し、製造作業をはじめ、入出荷作業、倉庫管理システム、作業・保管エリア、輸配送モードのシェアリングにより、複数の顧客が利用している。

化粧品メーカーおよびディーラーより危険品に該当する製品の取り扱いについての問い合わせが多数あり、千葉物流センター内に倉庫業法上の危険品倉庫の要件を満たした危険物倉庫の建設に着手し、この度竣工に至ったもの。

「千葉物流センター危険物倉庫」を利用することで、一般倉庫との同一敷地内での併設による効率的な運営が可能。一般的に危険物倉庫は、3PLの一般倉庫とは離れた立地で運営されていることが多く、NTTロジスコでは同一敷地内に併設することで、製品の横持配送コストを削減するとともに、一般倉庫で危険物以外の製品と同梱を行うことで、エンドユーザーへ届けるまでのリードタイムの短縮や配送コストの低減を実現した。

また、これまで一般倉庫では扱えなかった消防法に定める危険物第四類(引火性液体)に該当する製品(香水、スプレー缶、アロマオイル、アルコール消毒、除菌ジェル等)の取扱いが可能となり、顧客の製品ラインナップの拡充をサポート。

さらに、一般的に危険物倉庫は、常温倉庫が多く、NTTロジスコでは温度管理商品が多い化粧品メーカーに安心して利用してもらうために空調を設置し24時間温度管理をすることが可能だ。

<位置図>
20220131nttlogi4 520x322 - NTTロジスコ/千葉県市川市に化粧品物流専用危険物倉庫を竣工

■概要
名称:千葉物流センター危険物倉庫
所在地:千葉県市川市二俣717-88
延床面積:637.5m2
階数:平屋
構造:鉄骨造、地上1階建
有効高さ:4~5m
床荷重:1.5t/m2
その他:空調完備(15~30℃)、LED照明、泡消火設備
最寄りIC:京葉道路「原木IC」から約1.5km 5分
     首都高速 「千鳥町IC」から約4.7km10分
最寄り駅:JR京葉線「二俣新町駅」から徒歩約5分
JR総武線「西船橋駅」から徒歩約25分
竣工:2021年12月

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース