LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

阪急阪神エクスプレス/2年連続「健康経営優良法人2022」に認定

2022年03月11日/CSR

阪急阪神エクスプレスは3月11日、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2022」に3月9日に認定されたと発表した。

<「健康経営優良法人2022」ロゴマーク>
20220311hankyuhan - 阪急阪神エクスプレス/2年連続「健康経営優良法人2022」に認定

同社が健康経営優良法人に認定されるのは2年連続となる。

当社では、「個の尊重」を経営方針に掲げるとともに、2018年7月に「健康宣言」を制定し、「健康経営」の視点から従業員やその家族の健康に対する認識を明確にすることにより、一人ひとりの健康意識の向上と働きやすい職場の実現を推進している。

また、2020年5月に発表された「阪急阪神ホールディングスグループ サステナビリティ宣言」が掲げる重要テーマ「一人ひとりの活躍」の取組の一環としても、健康経営の推進に取り組んでいる。

これらの宣言に基づき、総務人事部を健康経営担当部署とし、各事業所の衛生委員会、産業医、阪急阪神健康保険組合、労働組合と連携して、従業員やその家族の健康課題を分析し、施策の立案・実施・検証を行い、継続的な改善を図っている。

具体的には、女性の健康保持・増進のための婦人科検診の受診勧奨、ヘルスリテラシーの向上を目指した健康経営/メンタルヘルス教育の実施、特定保健指導や喫煙率低減などの生活習慣病対策、健康診断受診の徹底と診断項目の拡充によるがんや疾病の早期発見対策、ストレスチェックなどのメンタルヘルス対策、ワークライフバランスの推進などを行っており、こうした取組が評価されたもの。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース