LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三井E&Sマシナリー/舶用NH3燃料電池の開発、国交省が採択

2022年03月14日/IT・機器

三井E&Sマシナリーは3月14日、国土交通省が公募した令和3年度交通運輸技術開発推進制度における研究開発業務に「アンモニア燃料電池の舶用応用に向けた技術開発」を応募し、採択されたと発表した。

同研究開発では、国際海事機関が掲げる温室効果ガス(GHG)削減戦略の達成に向けて、各方面から代替燃料の候補として注目されるアンモニアを用い、ゼロ・エミッション船舶の早期開発・社会実装を目指す。

三井E&Sマシナリーは2021年10月、伊藤忠商事、川崎汽船、NSユナイテッド海運、日本シップヤードと共同で新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した事業「グリーンイノベーション基金事業/次世代船舶の開発プロジェクト/アンモニア燃料船の開発」に採択され、アンモニアを燃料とする推進システムの開発を進めている。

今回、交通運輸技術開発推進制度で採択された研究開発では、発電装置用にアンモニアを分解して水素を取り出す技術を開発し、この高効率発電装置とアンモニアを燃料とする推進システムと組み合わせることによって、ゼロ・エミッション船の早期社会実装に貢献していく。

<アンモニアを燃料に用いた船舶における三井E&Sマシナリーの製品群>
20220314mitsuies 520x231 - 三井E&Sマシナリー/舶用NH3燃料電池の開発、国交省が採択

交通運輸技術開発推進制度は海上交通、航空交通、陸上交通、物流などの交通運輸分野の技術開発を推進するための委託による競争的資金制度。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース