LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船ほか/最新型トランスファークレーン4基の稼働を開始

2022年08月09日/物流施設

日本郵船とユニエツクスNCTは8月9日、日本郵船が借受けし、ユニエツクスNCTが運営する日本郵船東京コンテナ・ターミナルにおいて、三井E&Sマシナリーが開発した、将来的にディーゼルエンジンから水素燃料電池への換装が可能な最新型のトランスファークレーン4基の稼働を開始したと発表した。

<最新型トランスファークレーン>
20220809nyk1 - 日本郵船ほか/最新型トランスファークレーン4基の稼働を開始

<ロードマップ>
20220809nyk2 520x293 - 日本郵船ほか/最新型トランスファークレーン4基の稼働を開始

この取組は、国土交通省が取組を進めているカーボンニュートラルポート構想にも合致し、国内港湾での脱炭素化を促進するものとなる。

日本郵船とユニエツクスNCTは、日本郵船東京コンテナ・ターミナルにおいてすべての荷役機器をゼロエミッション化し、2040年までにカーボンニュートラルを達成する目標を2021年7月に設定している。今回の最新型トランスファークレーンの稼働開始はその一環となるもの。

日本郵船グループは、今後も環境に優しいターミナル運営に取り組み、カーボンニュートラル目標の達成を目指すとしている。

■概要
名称:日本郵船東京コンテナ・ターミナル(大井ふ頭6/7号バース)
所在地:東京都品川区八潮2-5-2
ターミナル総面積:27万5000m2

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース