LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/福島県郡山市でマルチテナント型物流施設着工

2022年03月14日/物流施設

大和ハウス工業は3月14日、福島県郡山市の郡山中央工業団地でマルチテナント型物流施設「DPL郡山II」を同15日に着工すると発表した。

<「DPL郡山II」外観パース>
20220314daiwa21 520x368 - 大和ハウス/福島県郡山市でマルチテナント型物流施設着工

<位置図>
20220314daiwa22 520x166 - 大和ハウス/福島県郡山市でマルチテナント型物流施設着工

「DPL郡山II」は中通り地区最大のマルチテナント型物流施設として2019年9月に竣工した「DPL郡山I」の隣接地に建設する。

東北自動車道「郡山IC」まで9.7km、「郡山南IC」まで9.3km、磐越自動車道「郡山東IC」まで10.5kmと、3か所のインターチェンジから約10kmの場所に位置しており、東北全域へのアクセスに優れた立地。また、JR「郡山駅」まで3.8kmと職住近接の就労環境も整っている。

建屋は平屋建て延床面積1万8614m2で、2社のテナント企業が入居可能(各区画の賃貸面積は、約8000m2、約1万500m2)。郡山市内はもとより、福島県内の工業団地内の製造業者や小売業者、東北全域への配送を手がける事業者などの入居を想定している。

大和ハウス工業による福島県内でのマルチテナント型物流施設の開発は「DPL郡山I」と「DPL福島須賀川」(須賀川市、2020年12月竣工)に次いで3棟目。

■「DPL郡山II」概要
所在地:福島県郡山市字外河原8-7他
交通:JR東日本「郡山駅」3.8km
敷地面積:3万2327.92m2
延床面積:1万8613.96m2
構造・規模:鉄骨造・平屋建て
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主:大和ハウス工業
設計・施工:金田建設
着工:2022年3月15日
竣工:2023年2月(予定)
入居:2023年3月(予定)
総投資額:約30億円

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース