LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

井本商運/省エネ設備搭載の670TEU型内航コンテナ船が竣工

2022年04月20日/3PL・物流企業

井本商運は4月20日、山口県下関市の旭洋造船で、国内最大級という670TEU型内航コンテナ船「S562番船」の命名引き渡し式を4月21日に行うと発表した。

<670TEU型内航コンテナ船「S562番船」>
0420imoto1 - 井本商運/省エネ設備搭載の670TEU型内航コンテナ船が竣工
新船は、同造船所で建造した「なとり」(2015年)、「ながら」(2018年)に続く、同型の3番船になる。省エネ設備を組み合わせることで、「ながら」に比べ、大幅なエネルギー削減効果が見込まれており、国土交通省と経済産業省が連携して行う「内航船の革新的運航効率化実証事業」にも認定されている。

<球状船首と垂直船首>
0420imoto2 - 井本商運/省エネ設備搭載の670TEU型内航コンテナ船が竣工
具体的には、「なとり」「ながら」でも採用した風圧抵抗が少ない「球状船首ブリッジ」に「垂直船首」を組み合わせて採用し、省エネ効果を向上。煙突の外形を流線形にして空気抵抗について、さらに低減する効果を高めた。

主機関は、フル電子制御エンジンを搭載し、低燃費と低負荷での連続航行を可能にして、CO2を削減するようにした。

船の居住区は、船員の居室定員11名に対し乗船研修のための10室を追加し21室を設けた。船員室にはシャワー、トイレを完備しており、大型実習室、女性専用区画を設置して、若年船員の教育船としての機能も備えた。

<ゲートラダー>
0420imoto3 - 井本商運/省エネ設備搭載の670TEU型内航コンテナ船が竣工
さらに、ゲートラダーには、特殊な形状の2枚舵をプロペラの両側に配置し、省エネ効果、振動や騒音の低減、離着岸性能を向上させた。

引き渡し後は、京浜―阪神―北部九州航路に投入。定曜日ウイークリーサービスの利便性の強化と省エネ化を目指す。国際コンテナ戦略港湾政策の一環として、国際フィーダー貨物を戦略港湾に、一層の集荷を行うと共に、国内貨物(動脈・静脈)についても、トラックドライバー不足などのモーダルシフト需要に応えるために国内定期航路を拡充する。

同社では、今後も省エネ技術の向上や地球温暖化対策、内航船員の育成に取り組むとしている。

■S562番船
船種:コンテナ専用船
船級:NK
全長:136.48m
幅:21m
深さ:9.2m
総トン数:7658トン
載貨重量トン:7522トン
満載喫水:6m
主機関(2サイクル):6UEC35LSE-Eco-B2(フル電子制御式)
主要貨物:コンテナ(20型、40型、45型対応)
最大搭載人員:21名

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース