LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ライオン/運転業務の安全支援サービスを開始

2022年04月21日/IT・機器

PR記事

ライオンは4月21日、就業前の点呼でドライバーの体調(睡眠や疲労感)を運行管理者と共有し、安全な運転業務を支援するサービス「コンディションナビ」を開発し、企業向けサービス事業として提供を開始した。

<サービス概要>
20220421lion 520x205 - ライオン/運転業務の安全支援サービスを開始

同サービスでは、リストバンド型デバイスをドライバーが着用するだけで「深さ、寝つき、睡眠時間、中途覚醒」といった毎日の睡眠状態に関する項目を測定し、可視化。測定結果から総合的に睡眠状態を評価し、サービス利用者一人ひとりのその日の体調に適した生活習慣アドバイスをスマートフォンアプリで提案する。

利用者は、同サービスの利用を継続することで自分の生活リズムに合わせた睡眠習慣が身につき、安全な運転業務のサポートに繋がる。

また、ドライバーの自己管理だけに任せるのではなく、運行管理者が朝の点呼時にドライバーの体調をPC管理ツールで確認し体調を共有化することで、これまで曖昧だったドライバーの体調を定量的に判断することができる。

PC管理ツールには、データ解析に基づき予測された漫然運転リスク時間帯や、それぞれのドライバーのその日の体調に適した運行管理アドバイスが表示され、朝の注意喚起に活用できる。

導入した企業にとっては、漫然運転等による事故の未然防止に役立てることが可能で、企業全体の労働安全性や、労働生産性、健康意識の向上を図ることができる。

<導入効果>
20220421lion1 520x273 - ライオン/運転業務の安全支援サービスを開始

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース