LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

丸運/3月期の売上高467億円、営業利益0.7%増

2022年05月11日/決算

  • 関連キーワード
  • 丸運

丸運が5月11日に発表した2022年3月期決算によると、売上高467億500万円、営業利益6億6500万円(前年同期比0.7%増)、経常利益7億7300万円(4.0%増)、親会社に帰属する当期純利益4億6500万円(2.1%減)となった。

なお、同社は2022年3月期から「収益認識に関する会計基準」等を適用しており、同期の売上高については同会計基準等を適用した後の数値となっているため、対前期増減率は記載していない。なお、2021年3月期に同会計基準等を適用したと仮定して算定した増減率は3.7%増としている。

セグメントごとの業績は、貨物輸送が売上高275億7900万円、経常利益5億2200万円(8400万円減)。

エネルギー輸送が売上高152億9300万円、経常利益2億5000万円(1億3000円増)。

海外物流が売上高19億6800万円、経常損失3700万円(3700万円減)。

テクノサポートが売上高18億3600万円、経常利益4200万円(1200万円減)。

次期は、売上高475億円(1.7%増)、営業利益3億円(54.9%減)、経常利益4億円(48.3%減)、親会社に帰属する当期純利益2億9000万円(37.6%減)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース