LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

豊田通商/OnePort社へ200万米ドル出資、物流デジタル化加速

2022年05月12日/国際

PR記事

豊田通商とグループ会社であるCFAO SAS(CFAO)は5月11日、共同で設立したMobility 54 Investment SAS(モビリティ54)を通じて、ナイジェリアで国際物流プラットフォームを展開するOnePort社へ200万米ドル(約2.6億円)を出資することを決定した。

急速な経済成長に伴う物流量の増加を受け、アフリカでは効率的な物流ソリューションの需要が高まっている。

OnePort社はアフリカの国際物流の課題解決を目指し、2020年に設立されたスタートアップ企業。国際物流のデジタルプラットフォームを運営しており、アフリカからの輸出、またはアフリカへの輸入を行う際に、荷主はOnePort社のプラットフォーム上で、船の見積もり・予約・追跡、通関申請、海上保険の見積もり・手配などを一括して行うことが可能だ。

一般的にアフリカの港では、港ごとに独自の運営体制や商習慣があり、物流プロセスをデジタル化できる部分とアナログな対応が必要な部分が混在している。OnePort社はナイジェリアにおいて、港湾運営を理解し、実態に合わせてソリューションを提供することで、荷主の負荷低減に寄与している。

モビリティ54は、今回のOnePort社への出資を通じ、3つの点での支援・連携に取り組み、アフリカの物流セクターの課題解決に努めていく。

1点目は、OnePortのアフリカ他国展開の支援。同社は南アフリカ、ケニア、仏語圏アフリカなど、アフリカのなかでも国際貨物量の多い国への展開を計画しているが、豊田通商グループが有するアフリカ全54か国のネットワークを活用し、他国展開を支援していく。

2点目は、Sendy社・Kamtar社との連携。モビリティ54として既に出資している両社とOnePort社がアフリカ全域で協業を行うことで、アフリカにおける国際物流・域内物流をそれぞれ一気通貫して効率化・デジタル化していくことを目指す。

3点目は、アフリカ域外の地域との連携。豊田通商グループのグローバルな国際物流ネットワークをOnePort社と共有・連携することで、世界各地とアフリカ大陸を繋ぐデジタル物流網の構築を目指す。

豊田通商グループは今後、WITH AFRICA FOR AFRICAのスローガンに、モビリティ54を通じて、アフリカで革新的な技術・サービスを展開するパートナー企業へ積極的に投資を行い、事業拡大やサービス拡充への支援、既存事業との相互シナジーを創出していくことで、より包括的にアフリカの社会課題の解決に取り組むとしている。

なお、モビリティ54は2019年10月に設立以降、第1期としての投資期間を2021年12月に終え、第2期ファンドとして新たに4000万ユーロ(約56億円)の投融資予算を追加。OnePort社への出資は第2期ファンドとしての1号案件となる。

■OnePort365社 概要
会社名:OnePort Inc.(ワンポート インク)
所在地:米国
展開国:ナイジェリア、ガーナ
設立:2020年9月
事業概要:国際物流デジタルプラットフォーム事業

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース