LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

スズキ/インド・ハリヤナ州に自動車工場建設、2025年稼働予定

2022年05月16日/生産

スズキは5月16日、インドのハリヤナ州カルコダに四輪車と二輪車の新工場をそれぞれ建設すると発表した。

新工場は、インドの四輪子会社マルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ)と、二輪子会社スズキモーターサイクルインディア社(SMIPL)がそれぞれ建設する。両社は5月13日、新工場の建設地としてそれぞれ324万m2(四輪)と40万m2(二輪)の土地の売買についてハリヤナ州と合意した。

両社は、新工場の建設によって、経済成長を続けるインドで生産能力を増強する狙い。四輪車工場については、2025年の稼働開始を予定しており、初年度の生産能力は25万台を計画している。二輪車工場についての詳細は検討中。

スズキは現在、ハリヤナ州にあるマルチ・スズキのグルガオン工場とマネサール工場、グジャラート州にあるスズキ・モーター・グジャラート社で四輪車を、二輪車はハリヤナ州にあるSMIPLで生産している。2021年度のインドでの生産実績は四輪車が166万台、二輪車が75万台。

■新工場概要
購入予定地:ハリヤナ州カルコダ
土地面積:【四輪】324万m2、【二輪】40万m2
稼働予定時期:【四輪】2025年、【二輪】検討中
生産能力:【四輪】25万台(初年度)、【二輪】検討中
投資額:【四輪】1100億ルピー、【二輪】検討中

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース