LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/GLP名古屋守山を竣工、ティーライフが入居

2022年05月17日/物流施設

日本GLPは5月17日、名古屋市守山区で延床面積4万3747m2のマルチテナント型物流施設「GLP名古屋守山」の竣工式を実施した。

<GLP名古屋守山>
20220517glp 520x340 - 日本GLP/GLP名古屋守山を竣工、ティーライフが入居

20220517glp1 520x289 - 日本GLP/GLP名古屋守山を竣工、ティーライフが入居

20220517glp2 520x344 - 日本GLP/GLP名古屋守山を竣工、ティーライフが入居

<エントランス>
20220517glp3 520x345 - 日本GLP/GLP名古屋守山を竣工、ティーライフが入居

「GLP名古屋守山」は、健康・美容・生活関連商品の通信販売事業を手がけるティーライフが施設の約半分を利用。同事業のノウハウを生かし、自社の物流施設を活用した不動産賃貸・3PLを行うプロパティ事業の拠点「ティーライフ名古屋センター」として運用する。

東名高速道路「守山スマートIC」から2.4kmに位置し、同道に加えて名神高速道路へのアクセスもしやすく、広域配送の拠点として活用可能。また、名古屋市内陸部では希少なマルチテナント型物件で、市内へのエリア配送にも対応できる。周辺エリアは労働人口が豊富で、雇用の確保もしやすい立地となっている。

施設の特徴としては、次世代環境配慮型の物流施設を目指し、全量自家消費型の太陽光発電設備の設置や、補完としてのCO2フリー電気の需給契約を締結するほか、省エネに向けて倉庫エリアに人感センサー制御のLEDを採用する。

感染症対策としては、センサーを用いた非接触型のエレベーターや自動ドアを積極的に採用。また、倉庫内各階への大型シーリングファンの設置や、設備・インテリアを選択してアメニティの充実を図ることも可能で、就労環境の快適性を高めている。

使用電力の増加に対応可能な電力容量を確保しており、自動化・省人化にも対応できる。

「GLP名古屋守山」が立地する名古屋市守山区は、発生が予測されている南海トラフ地震の影響が少ないエリアと想定されているが、さらに非常用発電機容量の増強を図るなど、万全のBCP対策を採用。停電時は、荷物用エレベーターの稼働とフォークリフトの充電が行えるほか、庫内照明の30%を利用できる明るさを確保することで、オペレーションに支障なく、安心・安全な施設運営の継続を可能にする。

「GLP名古屋守山」について、日本GLPの帖佐 義之 社長は「名古屋市内陸部での旺盛な需要に応える希少なマルチテナント型物流施設で、当社が名古屋市で開発する初の物件となる。また、地球環境やテナント従業員に配慮した設計となっており、ティーライフには竣工前の段階で入居を決定してもらった。当社では、引き続いてカスタマー企業のビジネス拡大をサポートしていくと同時に、環境に優しい施設づくりを行っていく」と述べた。

■「GLP名古屋守山」概要
所在地:名古屋市守山区大字中志段味下定納80
敷地面積:2万5712.89m2
延床面積:4万3747.10m2
構造:地上4階建て、耐震S造
着工:2021年3月
竣工:2022年4月
認証取得:CASBEEAランク(新築)認証、Nearly ZEB認証

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース