LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

+A/t-Sortがピッキング作業に対応、RaaS提供開始

2022年05月26日/IT・機器

プラスオートメーション(+A)は5月26日、ピッキング作業向けソリューション「t-Sort OPS(Order Picking System)」のRaaS(Robotics as a Service)提供を開始したと発表した。

<t-Sort OPSを活用した作業例>
20220526plusa 520x344 - +A/t-Sortがピッキング作業に対応、RaaS提供開始

従来、t-Sortは+A独自開発システム「+Hub」と組み合わせてソーティング作業に使用されていたが、今回、+Hubの機能を拡張することでピッキング作業にも活用できるようになった。

t-Sort OPSでは、+HubがWMS(倉庫管理システム)から取得したオーダーをロボット1台ごとに割り当てると、ロボットが各ピッキングステーションに向かう。

ピッキングステーションでは、作業員がオーダーをタブレットで確認して商品をピッキングし、ロボットへ搭載。その後、ロボットは商品を梱包工程まで搬送することで、作業別の仕分けが完了する。

<富士ロジテック・ネクストによるt-Sort OPS導入事例>

+Aは、t-Sort OPSが省スペースで設置可能なほか、柔軟にレイアウト変更が可能なため、複数荷主やECシェアリング倉庫でのピッキング作業等での利用を想定。第一弾として、富士ロジテック・ネクストが神奈川県厚木市と座間市に構える2か所の物流拠点に導入している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース