LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船/秋田支店を開所、式典と企業マッチングセミナー開催

2022年05月31日/3PL・物流企業

日本郵船は5月30日、同社秋田支店の開所式と企業マッチングセミナーを、秋田市内で開催した。

秋田支店は、1963年の札幌支店の設置以来、59年ぶりの国内の新規支店として今年4月1日に開設。このほど開所を記念し、秋田県の佐竹 敬久知事をはじめ秋田県内外の関係者を招き、式典を執り行った。

<日本郵船 長澤 仁志社長>
20220531NY1 520x347 - 日本郵船/秋田支店を開所、式典と企業マッチングセミナー開催

<秋田県 佐竹 敬久知事>
20220531NY2 520x347 - 日本郵船/秋田支店を開所、式典と企業マッチングセミナー開催

式典では、同社の長澤 仁志社長が挨拶に立ち「洋上風力発電関連では今後、作業員輸送船(CTV)や、自航式SEP船(自己昇降式作業台船)、地質調査船(自航式CPT調査船)の投入を予定している。脱炭素社会の実現に向けた一歩を、秋田支店を起点に皆様とともに進めていきたい」と述べた。

また同日、式典に先立ち同社を含めた同社グループ企業10社が事業内容について講演を行い、秋田県内の企業と名刺交換や商談を行う企業マッチングセミナーを開催。なお、式典とセミナーは新型コロナ対策を実施し行った。

<企業マッチングセミナーの様子>
20220531NY3 520x347 - 日本郵船/秋田支店を開所、式典と企業マッチングセミナー開催

同社は秋田県と今年2月8日に包括的連携に関する協定書を締結し、秋田県の再生可能エネルギー事業の推進と関連人材の育成をはじめ、船舶関連の人材育成、港湾活用、観光振興、環境保全活動、地方創生などに同県と連携して取り組むことを決定している。

秋田支店開所を契機として、今後秋田県や近隣県の洋上風力発電関連事業における営業体制を強化し、各県の関係先とのネットワーク拡充をさらに推進するとしている。

■秋田支店の概要
店名:日本郵船 秋田支店
代表者:下村 達也支店長
所在地:秋田県秋田市中通2-5-1クロッセ秋田2階

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース