LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/ 愛知県弥富市に物流施設2棟竣工、総事業費500億円

2022年06月01日/物流施設

大和ハウス工業は5月31日、愛知県弥富市において大型マルチテナント型物流施設「DPL名港弥富I」ならびに「DPL名港弥富II」が竣工したと発表した。

<左がDPL名港弥富I、右がDPL名港弥富II>
20220601daiwa1 520x329 - 大和ハウス/ 愛知県弥富市に物流施設2棟竣工、総事業費500億円

<現地図>
20220601daiwa3 520x374 - 大和ハウス/ 愛知県弥富市に物流施設2棟竣工、総事業費500億円

「DPL名港弥富I」ならびに「DPL名港弥富II」の合計延床面積は、合計で「バンテリンドーム ナゴヤ」約6個分に当たる約28.8万m2(DPL名港弥富I:約21万平方メートル、DPL名港弥富II:7.8万m2)となる。

貸床面積7411.11m2からで、最大22社(DPL名港弥富I:16社、DPL名港弥富II:6社)のテナントに対応できる仕様となる。また、45フィートトラックが接車可能なトラックバースや、各階に直接乗り入れることができるランプウェイを設置したため、荷捌きなどの作業効率を向上できる。

「DPL名港弥富I」ならびに「DPL名港弥富II」は、中継物流拠点に適した立地にある施設。「DPL名港弥富I」は、伊勢湾岸自動車道「湾岸弥富IC」から約1.4km、「DPL名港弥富II」は約0.7kmに位置し、東海・中部・関西地域へ自動車で3時間30分以内にアクセスできる。また、名古屋第二環状自動車道「飛島北IC」からは、「DPL名港弥富I」が約6.5km、「DPL名港弥富II」が約6.7kmに位置しているため、名古屋市中心部へのアクセス利便性も高い立地にある。

<カフェテリア(イメージ)>
20220601daiwa2 520x293 - 大和ハウス/ 愛知県弥富市に物流施設2棟竣工、総事業費500億円

また、関東や関西方面からのトラックドライバーが常時交代できるよう、24時間稼働を可能にする。また、カフェテリアや休憩スペースを設け、テナント企業の労働環境整備を支援する。

■「DPL名港弥富I」建物概要
名称:「DPL名港弥富I」
所在地:愛知県弥富市駒野町1-1
交通:伊勢湾岸自動車道「湾岸弥富IC」まで約1.4km、 近鉄名古屋線「近鉄蟹江」駅から約10km
敷地面積:9万1709.86m2
延床面積:20万9982.58m2
構造・規模:鉄筋鉄骨コンクリート造・一部鉄骨造 4階建て
設計・施工:矢作建設工業
着工日:2020年11月2日
竣工日:2022年5月31日
総事業費:約350億円

■「DPL名港弥富II」建物概要
名称:「DPL名港弥富II」
所在地:愛知県弥富市駒野町1-3
交通:伊勢湾岸自動車道「湾岸弥富IC」まで約0.7km、 近鉄名古屋線「近鉄蟹江」駅から約10km
敷地面積:5万3020.87m2
延床面積:7万8329.95m2
構造・規模:鉄筋コンクリート造(柱)・鉄骨造(梁)3階建て
設計・施工:フジタ
着工日:2021年3月15日
竣工日:2022年5月31日
総事業費:約150億円

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース