LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SBS東芝ロジ/女性目線で改善活動、ピッキング作業を改善

2022年06月17日/CSR

SBS東芝ロジスティクスは6月17日、日本ロジスティクスシステム協会(JILS)が主催する「全日本物流改善事例大会2022」で「優秀物流改善賞」を受賞したと発表した。

<JILS 遠藤会長(左)と北関東支店検見川分室の鈴木氏(右)>
20220617sbs 520x460 - SBS東芝ロジ/女性目線で改善活動、ピッキング作業を改善

同賞を受賞した北関東支店検見川分室は、「ダイバーシティ推進による組織風土の活性化(女性従業員に優しい倉庫環境づくり)」をテーマに、従業員アンケートから女性作業員の目線に立ってきめ細かく改善活動を進め、出荷頻度分析による部品のロケーション配置を見直すことでピッキング作業を標準化し、作業負荷の軽減、作業の安全性の向上を図った。

また、従業員満足度を評価し、女性従業員だけでなく男性従業員にとっても働きやすい倉庫環境を実現した。

SBS東芝ロジスティクスの受賞は、2021年の「物流合理化努力賞」に続き2年連続。

北関東支店検見川分室の鈴木 勉 氏は「メンバーそれぞれの多様な感性・能力・経験などを最大限に活かしたことで、現場改善が飛躍的に進んだ。今後も人手不足が進むなかで、誰もが働きやすい職場環境づくりを継続していきたい」と受賞の喜びを語っている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース