LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

KURANDO/新たな物流DXサービスを2022年秋提供開始

2022年06月27日/IT・機器

KURANDOは、倉庫KPI管理ツール「Logimeter(ロジメーター)」に次ぐソリューションとして、2022年秋以降に「Logiscope(ロジスコープ)」と「Logiboard(ロジボード)」の提供開始を予定している。

<KURANDOが提案する物流DXのステップアップイメージ>
20220627kurando 520x219 - KURANDO/新たな物流DXサービスを2022年秋提供開始

KURANDOは物流DXソリューションとして、庫内作業の各種実績データを取得する「Logimeter」を提供している。

今後提供予定の2つのソリューションは、「Logimeter」の利用をStep1とすると、「Logiscope」がStep2、「Logiboard」がStep3にあたるものだ。

「Logiscope」では、Logimeterやその他の方法で取得したデータを組み合わせ、分析・レポート出力を行うことが可能になる。

「Logiboard」では、ホワイトボードやエクセルを使って手作業で行っている事前要員手配や作業当日の要員配置変更業務をシステム化し、業務の効率化や標準化を可能にする。

また、KURANDOではStep4にあたるものとして、集積したデータからシステムが自動で最適指示を出す新たなソリューションについても今後の提供を予定している。

<各サービスと社名のロゴ>
20220627kurando1 - KURANDO/新たな物流DXサービスを2022年秋提供開始

なお、KURANDOは6月8日付でホームページを公開。また、「Logimeter」と今後提供予定の「Logiscope」「Logiboard」、および社名についての商標出願を実施している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース