LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





KURANDO/レポーティングツール「Logiscope」に新機能実装

2024年01月22日/IT・機器

PR記事

KURANDOは1月22日、レポーティングツール「Logiscope」に、コンポーネントコピー機能とメトリクス置換機能を実装したと発表した。

「Logiscope」は、設定されたフォーマットと周期に従ってレポートを自動で作成するツールで、レポートに利用するデータは、同社の提供する倉庫KPI管理ツール「Logimeter」からの自動連携、WMSや勤怠システム等の他システムから出力されたCSVのアップロード(CSVの加工不要)、手作業での登録、によって入力する。

<Logiscopeレポート画面>
20240122kurando 520x326 - KURANDO/レポーティングツール「Logiscope」に新機能実装

今回、コンポーネントコピー機能とメトリクス置換機能を実装したことで、似た内容のコンポーネントを手間なく作成することができるようになった。

同社では、Logiscopeの利用開始時の設定作業を代行しているが、両機能の実装によって設定作業に要する工数が削減されたため、顧客へのレポート提供をよりスピーディーに行うことができるようになった。

<コンポーネントコピー操作前:コピーしたいコンポーネントの設定ボタンで「コピー」を選択>
20240122kurando1 520x235 - KURANDO/レポーティングツール「Logiscope」に新機能実装

<メトリクス置換操作後:コンポーネントで設定されているメトリクスを任意のものに置換>
20240122kurando2 520x222 - KURANDO/レポーティングツール「Logiscope」に新機能実装

<完了:簡単に似た内容のコンポーネントを作成可能に>
20240122kurando3 520x222 - KURANDO/レポーティングツール「Logiscope」に新機能実装

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース