LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

IHI/3次元ピッキングシステムのショールーム、横浜に開所

2022年07月21日/IT・機器

IHIは7月21日、グループ会社であるIHI物流産業システム(ILM)が、IHI横浜事業所の敷地内に、3次元ピッキングシステム「SKYPOD」の技術開発拠点・体験型ショールーム「横浜ロジラボ」をこのたび開所したと発表した。

<開所式の様子>
20220721ihi1 520x292 - IHI/3次元ピッキングシステムのショールーム、横浜に開所

<設備操縦およびピッキング作業>
20220721ihi2 520x292 - IHI/3次元ピッキングシステムのショールーム、横浜に開所

<次世代型三次元ピッキングシステムskypod(IHI物流産業システム提供)>

このシステムは、物流センターと製造工場内に設置される保管ラックからロボットが自動走行し、対象商品を作業者の元まで搬送する3次元走行ロボット式ピッキングシステムで、フランスを本拠地とするEXOTEC Solutions SAS社(EXOTEC)が開発・製造・販売を行っている。

「横浜ロジラボ」は技術改良のための実験場であるとともに、顧客が実際にこのシステムを体感できるショールームを兼ねており、商談スペースとしても利用可能な施設としている。

同社では、昨今の物流の慢性的な人手不足に加え、eコマース市場の成長加速にともなう物量の増加で、さまざまな業種の顧客より、このシステムの問い合わせがあった中で、実機の見学および、体験したいとの要望に対応し、技術改良に取り組むべく、「横浜ロジラボ」の開所に至ったもの。

また、顧客の物流における課題やニーズの解決にこれまで以上に貢献すべく、AIを活用した、段ボールケースなどの荷積み・荷卸しを自動で行う「IHIパレタイズ/デパレタイズシステム」のロボットシステムも「横浜ロジラボ」隣接スペースに展示および紹介しており、実際に稼働する様子を見ることができる。

ILMはすでに日本国内でこのシステムを3か所受注しており、今後も、ネット通販を始めとしたさまざまな業種の顧客に向けて販売を拡大していく。また、このシステムの他にも「IHI AIパレタイズ/デパレタイズシステム」などの最新技術や、自動倉庫、移動棚などの既存技術を組み合わせた自動化・省人化設備のラインアップにより、総合的な物流ソリューション提供に取り組んでいくとしている。

■施設概要
名称:横浜ロジラボ
所在地:神奈川県横浜市磯子区新中原町1
ホームページ: https://ihi-logistics.com
ILM製品動画    
https://www.youtube.com/channel/UC3bnQ8Its7bznBRpc9f-d8g
設備概要
設置面積:11m(L)x9m(W)x6m(H)
システム概要:2列x13段x6アイル=156棚
※見学申込方法:事前予約制

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース