LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

山九/東工大発のベンチャー企業「つばめ BHB」社へ資本参加

2022年07月25日/3PL・物流企業

山九は7月25日、「つばめ BHB」社が発行する新株予約権を引受け、資本参加したと発表した。

つばめ BHB社は、2017年に設立され、消費する場所で必要な量のアンモニアを生産するオンサイトアンモニア供給システムの実用化を進めている東京工業大学発のベンチャー企業。

東京工業大学の細野秀雄栄誉教授グループが開発したエレクトライド触媒を用いることで、従来の技術よりも低温・低圧でアンモニアが合成できるため、プラントの小型化、アンモニアの地産地消が可能となる。加えて、従来の CO2を大量に排出するハーバー・ボッシュ法によるアンモニア合成に比べ、環境負荷の軽減にもつながる。

エレクトライド触媒とは、電子がマイナスイオンとして振る舞うエレクトライド(電子化物)を用いた触媒のこと。この技術を用い、低温・低圧条件下で高効率のアンモニア合成が可能となる。

アンモニアは、農業肥料や化学品原料としての用途が大半だが、燃焼しても CO2を排出しない次世代燃料として電力の脱炭素化への貢献が期待されている。また、電力・非電力双方の脱炭素化への貢献が期待される水素の輸送・貯蔵での水素キャリアとしての活用も有望視されており、更なる需要拡大が見込まれている。

山九は、物流・機工・構内操業支援を融合させたサービスを通じて、つばめ BHB 社の革新的な触媒技術を用いたソリューションおよびビジネスモデルの展開をサポートし、脱炭素社会の実現に貢献していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース