LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ナビタイム/運送事業者向けにマップマッチング機能を拡充

2022年08月31日/IT・機器

PR記事

ナビタイムジャパンは8月31日、法人向け地図・ルート検索API「NAVITIME API」にて、運送事業者向けに、マップマッチング機能を大幅に拡充すると発表した。

<機能を大幅拡充し、運送事業者のレポート作成を支援>
20220831navitime 520x273 - ナビタイム/運送事業者向けにマップマッチング機能を拡充

これまでは、補正後の緯度経度情報と走行した日付のみの出力だったが、今回の大幅拡充によって、走行距離や走行した道路名、勾配、制限速度、道路種別、道路の幅員なども合わせて出力できるようになる。

これらの情報は、自動車運送事業者等が自動車事故を起こしてしまった場合に、運輸局に提出する義務のある「自動車事故報告書」の記載事項となっており、報告書作成を効率化し、業務負担を軽減できる。

また、トラックドライバーの運転日報作成に必要な、運転開始と終了の日時、運転した距離、走行した道路などの項目にも対応しており、業務負担の軽減や労働時間削減をサポート。

API形式で提供することで、運送事業者向けのサービスや、自社でシステム開発を行っている物流会社などで、現在使用中のサービス/システムへ機能を追加する形で利用できる。1リクエストあたり最大1000地点までの走行データを送信することが可能で、送信データのフォーマットはJSON形式とCSV形式から選べる。

2024年の物流業界での働き方改革関連法施行に向けて、長時間労働の改善や業務効率化が求められる中で、報告書作成業務の効率化を支援することで、物流業界に貢献していく。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース