LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

住友商事/物流業務可視化システム開発、大和物流など導入へ

2022年09月13日/IT・機器

住友商事は9月12日、物流センターでの従業員ごとの作業進捗を可視化し、その実績データを収集、蓄積、分析するシステム「Smile Board Connect(スマイルボードコネクト)」の販売を開始すると発表した。

<Smile Board Connectイメージ>
20220913sumitomo 520x293 - 住友商事/物流業務可視化システム開発、大和物流など導入へ

スマイルボードコネクトは、各従業員のスキルデータをもとに作業計画を作成する機能、従業員や工程ごとの作業進捗をリアルタイムで可視化するダッシュボード機能などにより、物流現場の日々の作業を効率化するシステム。

物流センター内の多岐にわたる作業で、「誰が・どこで・どのような作業を・どれだけ行ったのか」を一元管理し、管理者がリアルタイムで各工程の状況を把握・管理することができる。

同システムは、通販物流事業を行うグループ会社のベルメゾンロジスコで実際に抱えていたアナログな管理体制や従業員の満足度向上といった課題に着目して開発したもので、実証、改良を経て実用化。サブスクリプションサービスとしてグループ外企業への販売を開始し、すでに大和物流など複数社への導入を予定している。

現状、多くの物流現場では、エクセルやホワイトボードを用いた作業進捗管理や人員配置が行われているが、スマイルボードコネクトを用いて各工程の進捗を適切に管理することにより、工程間の手待ち時間の削減や管理業務の効率化による大幅なコスト削減が見込まれる。

また、同システムに量子コンピュータとAIによる最適配置機能をオプションとして追加することで、個人単位のスキルデータをもとに最適な人員配置を自動算出し、各作業員の多様な働き方や、作業員同士の相性にも即した業務アサインを実現し、生産性を最大化、労働環境の改善にも寄与する。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース