LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ALSOK/遠隔点呼導入支援ソリューションの提供を開始

2022年11月01日/IT・機器

ALSOKは11月1日、トラック事業者などの点呼業務をリモートで実施可能にする「遠隔点呼導入支援ソリューション」の提供を、同日開始したと発表した。

<遠隔点呼システムの構成イメージ>
20221101alsoc 520x252 - ALSOK/遠隔点呼導入支援ソリューションの提供を開始

同ソリューションでは、遠隔点呼システムやモニターカメラ、マイク、スピーカー、アルコール検知器といった「遠隔点呼」に必要な機器・システム一式をレンタル提供しており、利用者は初期費用を軽減することができる。

遠隔点呼システムには、遠隔点呼制度で実績がある東海電子製「e点呼PRO」を使用。満たすべき要件の1つである全身撮影用のカメラも、防犯カメラとして使用している高品質な製品を提供する。

また、より厳密な管理を希望する企業には、点呼終了後に遠隔で車両鍵の保管箱を開放する仕組みやドライバーの勤怠管理等ができるオプションを提案する。

そのほか、「遠隔点呼制度」の利用には地方運輸局(支局等)への申請・承認が必要だが、申請に必要な書類等の準備もALSOKがサポートする。

サービス費用は、レンタル費用(遠隔点呼システム、モニターカメラ、マイク、スピーカー、アルコール検知器)が月額1万6874円(税込)、保守・システム利用料が年額31万9000円(税込)。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース