LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アマゾン/Amazonフレッシュ、新たな専用物流拠点を東京に開設

2022年11月09日/物流施設

Amazonは11月9日、東京都江戸川区にAmazonフレッシュ専用物流拠点として「Amazonフレッシュ 葛西フルフィルメントセンター(FC)」を新たに開設したと発表した。

<Amazonフレッシュ 葛西フルフィルメントセンター(FC)開設>
20221109amazon1 520x347 - アマゾン/Amazonフレッシュ、新たな専用物流拠点を東京に開設

20221109amazon2 520x293 - アマゾン/Amazonフレッシュ、新たな専用物流拠点を東京に開設

Amazonフレッシュは、東京、神奈川、千葉の一部エリアのAmazonプライム会員に向けて、厳選した旬の野菜や果物、新鮮な魚や肉などの生鮮食品をはじめ、惣菜やミールキット、専門店のこだわりの食材、日用品をまとめて最短約2時間で届けるAmazon直営のネットスーパー。

Amazonフレッシュ 葛西FCは、既存のAmazon川崎フルフィルメントセンター内のAmazonフレッシュ占有スペースに続く2つ目のAmazonフレッシュ専用物流拠点となり、初のAmazonフレッシュ単独の物流拠点となる。

同施設の開設により、Amazonフレッシュ全体の商品保管・出荷能力が拡充され、顧客は希望の配送時間帯を選びやすくなり、より便利にサービスを利用できるようになる。さらに、1時間単位の配送時間帯をオプションとして指定できるエリアも拡大。これまで同オプションを提供していた東京都大田区、世田谷区、目黒区、狛江市、および神奈川県川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、横浜市(港北区)に加えて、新たに東京都の江戸川区・江東区、千葉県の市川市・浦安市のそれぞれ一部エリアが対象となった。

<Amazonフレッシュ 葛西FCの特徴>
20221109amazon3 520x347 - アマゾン/Amazonフレッシュ、新たな専用物流拠点を東京に開設

Amazonフレッシュ 葛西FCでは、食品が生産者様から顧客に届くまでの鮮度や品質管理について徹底的にこだわっている。商品の入荷・保管・出荷のそれぞれの段階で最適な温度管理のもと、専任スタッフが商品を手に取り、鮮度や品質を6方向から確認、チェックをクリアした商品のみを梱包も入念に行った上、配送時もそれぞれの商品に応じ3温度帯(常温、冷蔵、冷凍)に分け、Amazonフレッシュが独自に開発した保冷ボックスに入れて配送する。さらに、ドライバーを含めた物流拠点で働く全てのスタッフの安全確保も重視し、Amazonフレッシュ 葛西FCで働く人々の安全と快適な職場環境を提供。迅速かつ安全・効率的に顧客へ配送する。

■施設概要
正式名称:Amazonフレッシュ 葛西フルフィルメントセンター
所在地:東京都江戸川区
延べ床面積:約6000m2

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース