LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコーGHD/重量物輸送拡大、海陸輸送のオーナミをグループ化

2022年12月05日/SCM・経営

PR記事

センコーグループホールディングスは12月5日、日立造船の子会社で、倉庫や海運関連事業を営むオーナミの66.6%の株式取得を決定し、2023年3月に子会社になる予定だと発表した。

12月5日付けで、センコーGHDと日立造船の間で株式譲渡契約を締結した。

オーナミは、重量物や大型貨物の荷役・保管・輸送・通関などを得意とし、子会社の大浪陸運とともに、日立造船などの大手機械・プラントメーカーや造船会社、鉄鋼メーカーなどと長年取引を行ってきた。大阪を中心に、茨城・滋賀・京都・広島・熊本に拠点があり、海上・陸上一貫輸送体制を持つ物流企業。

センコーグループは、センコーエーラインアマノやUACJ物流といった重量物輸送を行う会社や、支配船舶含め77隻の船舶を有するセンコー汽船、日本マリンなどの海運事業を行う会社が海陸の重量貨物輸送ネットワークを展開している。

今回オーナミを子会社化することで、往復輸送や積み合わせ輸送などセンコーグループのネットワークを活用した効率的な輸送を目指す。また、オーナミが持つ重量物輸送や輸出梱包のノウハウをグループに水平展開することで、グローバルな重量物輸送事業の拡大を図る。

さらに機工事業も展開しているオーナミは、センコーグループの機工事業との連携により、大型構造物や精密機械の輸送・据え付け業務の拡大を目指していく考えだ。

■オーナミの概要
本社所在地:大阪市西区江戸堀2-6-33
資本金:5億2500万円
設立:1949年11月29日
事業内容:倉庫・港湾運送事業、自動車運送事業、海上運送事業、通関事業など
従業員数:261名(2022年3月末時点)

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース