LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本農業/清水港からタイへサツマイモ輸出、現地で物流実証

2022年12月06日/国際

PR記事

日本農業は12月6日、清水港初となるタイ向け静岡県産サツマイモの輸出を行い、現地法人が物流実験検証や流通・販売等のマーケティング調査を行うと発表した。

<清水港からタイへサツマイモ輸出>
20221206nihonnougyou1 520x293 - 日本農業/清水港からタイへサツマイモ輸出、現地で物流実証

同輸出は、静岡県が行う「山の洲産品の清水港輸出拡大事業」公募により採択されたもの。中部横断自動車道の全線開通に伴い、山の洲(静岡県、山梨県、長野県、新潟県)産品を清水港から輸出する仕組みを構築し、清水港を活用した農産物等の輸出拡大を目的としている。

輸出されるサツマイモは約10トン。日本農業が子会社として静岡県で立ち上げた、ジャパンベジタブル及び同社の契約農家が、荒廃農地を再生し生産を行い、ジャパンベジタブルによって選果・梱包。貨物受入れからバンニング (コンテナへの積込み) については、鈴与が担当し、タイへ輸送後は、日本農業の現地法人が販売及び、物流実験検証、流通・販売等のマーケティング調査を行う。

<輸出産地形成を目指しジャパンベジタブル設立>
20221206nihonnougyou2 520x293 - 日本農業/清水港からタイへサツマイモ輸出、現地で物流実証

サツマイモはタイ含むASEAN諸国で人気があり、日本からの輸出量も右肩上がりであるにもかかわらず、需要の急拡大や病基腐 (もとぐされ) 病の蔓延で供給が間に合わず、機会損失に繋がっている。日本農業は「供給量自体を増やし、国内外需要に応えたい」との想いから、ジャパンベジタブルを2022年6月に設立。ジャパンベジタブルは、2023年には総面積15haでの作付け、2025年度末までに、流通総額10億円規模 (約5000トン) のサツマイモ産地の形成を予定している。

関連記事

国際に関する最新ニュース

最新ニュース