LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

クレド/神奈川県厚木市で1社専用型物流施設を開発

2022年12月13日/物流施設

PR記事

クレド・アセットマネジメントは12月13日、神奈川県厚木市で一社専用型物流施設「CREDO厚木」の開発に着手したと発表した。

<「CREDO厚木」完成イメージ>
20221213kuredo 1 520x368 - クレド/神奈川県厚木市で1社専用型物流施設を開発

<交通アクセス>
20221213kuredo1 520x389 - クレド/神奈川県厚木市で1社専用型物流施設を開発

「CREDO厚木」は、CREDO桶川伊奈とCREDO加須に続き、クレド・アセットマネジメントによる3件目の開発物件。敷地面積8000m2、地上4階建て延床面積1万7000m2で、2023年9月の着工、2024年11月の竣工を予定している。

同施設は、新東名高速道路「厚木南IC」から1km、東名高速道路「厚木IC」から2.5km、国道129号からも近く、首都圏への配送に加え、名古屋・大阪エリアへの広域物流拠点として活用することが可能。

また、路線バスの「中戸田バス停」から至近で、通勤時間帯には約5〜10分間隔で本厚木駅と平塚駅発着の便があるため、雇用の確保にも有利な立地となっている。

施設面では、1〜3階の各階に倉庫オペレーションに応じたオフィスエリアを設けることで、事務室、休憩室、荷受室などテナントのニーズに沿った柔軟なエリア設定が可能。また、空調、非常用発電機の増設、自動化対応など幅広いオプションを準備している。

また、屋上太陽光発電システムによる再生可能エネルギーの利用と電気料金の削減、エントランスや休憩スペースへの自然材・再生材の利用、敷地内に従業員の憩いの空間(リラックスエリア)を整備、周囲に配慮したフェンスの設置、環境に調和する外観デザインや植栽の採用など、地域・環境との調和を重視した施設計画を採用している。

■「CREDO厚木」概要
所在地:神奈川県厚木市戸田
交通:新東名高速道路「厚木南IC」1km、東名高速道路「厚木IC」2.5km、
JR相模線「門沢橋駅」2km、神奈川中央交通「中戸田バス停」100m
敷地面積:8000m2
延床面積:1万7000m2
構造:鉄骨造・地上4階建
着工:2023年9月(予定)
竣工:2024年11月(予定)
環境認証:CASBEE認証Aランク(予定)、BELS認証5スター(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース