LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコー、西鉄、JR貨物/成田・羽田空港へ保税運送で鉄道輸送

2022年12月13日/3PL・物流企業

PR記事

センコー、西日本鉄道国際物流事業本部(西鉄)、日本貨物鉄道関西支社(JR貨物)の3社は12月13日、大阪府泉佐野市の西鉄りんくう貨物センター から、成田・羽田空港国際貨物地区への航空貨物の保税運送における鉄道輸送を開始すると発表した。

<フロー図>
20221213senko1 520x241 - センコー、西鉄、JR貨物/成田・羽田空港へ保税運送で鉄道輸送

2022年9月よりテスト輸送を開始しており、本格稼働は2023年4月開始を予定している。

増加する地域間の航空貨物の保税運送において、3社はCO2排出量削減やトラックドライバー不足の解消に向き合った新たなルートによる輸送サービスを提供していくとしている。

関西空港を出発する国際線の便数は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により減少が著しかった時期と比べ、現在は持ち直しつつあるものの、依然コロナ前の水準へ回復するには至っていない。

西鉄は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で航空便が減少し始めた当初から、比較的便数の多い成田・羽田発の国際線に着目し、関空発を補強する形で、関空対岸の西鉄りんくうにおいて税関より輸出許可を受けた外国貨物を長距離トラックで保税運送して成田・羽田空港国際貨物地区へ搬入する、というフローを実施してきた。

この成田・羽田空港国際貨物地区への保税運送が定着する中、顧客のサプライチェーン維持への貢献を図ると同時に、国内で長距離トラック運送の安定供給が危惧される2024年問題や、長距離トラック運送時に排出されるCO2排出量の増加という複合的な課題を解決するため、西鉄、センコー、JR貨物関西支社の3社の協働により、航空貨物の保税運送における鉄道輸送を開始することになったもの。

<左から西鉄りんくう貨物センター、トラック輸送、貨物鉄道輸送>
20221213senko2 520x118 - センコー、西鉄、JR貨物/成田・羽田空港へ保税運送で鉄道輸送

西鉄の航空貨物や保税に関する知識、JR貨物については環境面や労働生産性に優位性のある貨物鉄道の輸送サービス、センコーの持つ鉄道利用運送事業者としてのコンテナ輸送についてのノウハウが、この輸送に結集している。

導入メリットとして、長距離トラックドライバーの供給不足が予想される2024年問題に対応し、関空から成田・羽田空港国際貨物地区への保税運送において安定供給が可能な別ルートを設定することで、輸出者のサプライチェーンの最適化に寄与する。

長距離トラックの輸送区間をCO2排出の少ない鉄道輸送が担うことで排出量を削減し、グリーン社会の実現に貢献する。

そして、この輸送を実施した場合、西鉄りんくうから成田・羽田空港国際貨物地区への全行程をトラックで輸送する場合のCO2排出量と比較して、約60%程度削減される。(西鉄りんくうから成田・羽田空港国際貨物地区までの全行程を10トントラックで輸送した場合と比較)。

今後は、現在、西鉄手配により西鉄りんくうから成田・羽田空港国際貨物地区へ保税運送している貨物の約半分を、将来的にこの新たなルートへ切り替えることを目標とする。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース