LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

阪急阪神不動産、CRE/ベトナムに6棟・計7万m2の物流倉庫

2023年01月23日/国際

PR記事

阪急阪神不動産は1月23日、シーアールイー、シンガポールのSembcorp Development(セムコープ デベロップメント社)と共同で、ベトナム中部のVSIPクアンガイ工業団地とVSIPゲアン工業団地内で物流倉庫の開発プロジェクト「セムコープ ロジスティクスパーク(クアンガイ)」と「セムコープ ロジスティクスパーク(ゲアン)」(計6棟・総賃貸面積約7万m2)の建設に着手したと発表した。

<セムコープ ロジスティクスパーク(クアンガイ)>
20230123hankyu 520x158 - 阪急阪神不動産、CRE/ベトナムに6棟・計7万m2の物流倉庫

<セムコープ ロジスティクスパーク(ゲアン)>
20230123hankyu1 520x142 - 阪急阪神不動産、CRE/ベトナムに6棟・計7万m2の物流倉庫

両物件ともに、2023年秋頃の竣工を目指す。

「セムコープ ロジスティクスパーク(クアンガイ)」と「セムコープ ロジスティクスパーク(ゲアン)」は、それぞれベトナム中部の輸出入拠点であるダナン港・ダナン空港とクアロー港・ビン空港とのアクセスに優れており、広域物流拠点として高い優位性を有している。

このうち「セムコープ ロジスティクスパーク(ゲアン)」は、現在進められているハノイ市・ゲアン省間の高速道路の延伸工事が完了(2024年予定)すると、ハノイ市とのアクセスが大幅に改善され、物流拠点としての魅力がさらに高まることになる。

また、両物件が立地するVSIPクアンガイ工業団地とVSIPゲアン工業団地は、いずれもベトナム・シンガポール両政府の支援の下で開発が進められており、設備等のハード面が充実していることに加え、質の高いカスタマーサービスを提供していること等が、高く評価されている。

<両物件の立地図>
20230123hankyu2 - 阪急阪神不動産、CRE/ベトナムに6棟・計7万m2の物流倉庫

阪急阪神不動産、シーアールイー、セムコープ デベロップメントの3社は、ベトナム北部でも4棟の物流倉庫を共同で開発・運営しており、今般のプロジェクトが竣工することで、倉庫の棟数は計10棟・総賃貸面積約13万m2となる。

■セムコープ ロジスティクスパーク(クアンガイ)概要
敷地面積:6万100m2
建物構造:地上1階建
棟数:3棟
賃貸面積:3万3600m2
着工:2022年12月2日
竣工予定:2023年秋頃

■セムコープ ロジスティクスパーク(ゲアン)
敷地面積:6万8200m2
建物構造:地上1階建
棟数:3棟
賃貸面積:3万9400m2
着工:2022年12月2日
竣工予定:2023年秋頃

関連記事

国際に関する最新ニュース

最新ニュース