LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





三井不動産レジデンシャル/再配達減少へ、2つのサービスを導入

2023年10月11日/IT・機器

PR記事

三井不動産レジデンシャルは10月11日、(仮称)池田山プロジェクトにおいて、不在時でも配達可能な2つのサービスを導入すると発表した。

<2つのサービスを導入>
20231011mflp 520x135 - 三井不動産レジデンシャル/再配達減少へ、2つのサービスを導入

導入するサービスは不在時でも配達可能なサービス、「Amazon Key for Business」と「Pabbit」を同時導入。Amazonの委託先ドライバー(配送サービスパートナー)および宅配事業者大手3社の配達する荷物を各住戸玄関前まで届けてくれる。そのため、両サービスに対応した住戸専用宅配スペースを玄関前に設置。共用廊下の美観にも配慮した設えを実現。住戸専用宅配スペースの設置により再配達の減少を促進し、CO2排出量の削減にも貢献。

同社では、2022年11月竣工の「パークホームズ登戸ステーションアヴェニュー」を皮切りに、新築分譲マンションへの「Pabbit」の導入を順次進めていたが、今般「Amazon Key for Business」も同時導入することで、より多くの荷物を各住戸玄関前まで届けられるようになる。

また、再配達の減少によるCO2排出量の削減にも貢献する。この取り組みは、2023年11月に着工予定の(仮称)池田山プロジェクト以降、同社が新築する分譲マンションに順次展開していくとしている。

なお、「Amazon Key for Business」は、Amazonの委託先ドライバー(配送サービスパートナー)が、そのマンションに配達する商品を持っている時のみ、配送アプリからマンションのオートロックを解錠し、玄関前を含む入居者指定の場所に商品を届ける仕組み。マンションのオートドアまたは集合玄関機の制御盤に専用機器を設置することで機能する。

また、ドライバーが配達を完了するとロック解錠権限が無効になり、マンションに立ち入ることができなくなる。このサービスは置き配指定がされている商品で、商品購入後に送信される発送通知メールに「Amazonによる配送」と表示されている場合のみ利用可能。

「Pabbit」は、マンションにおいて、宅配事業者が配達中の荷物を持っているとき、かつ入居者が不在の時に伝票番号や荷物情報等によりオートロックを解錠し入館することで、各住戸専用ロッカーへ荷物の届けが可能になるサービス。入居者は固定パスワードまたは専用アプリで各住戸専用ロッカーを解錠し荷物を受け取ることができる。

2022年度グッドデザイン賞を受賞した「Pabbit」は、再配達削減に大きく貢献するソリューションとして不動産業界や物流業界から注目を集めている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース