LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





NXワンビシ/関西でー150度以下の細胞・検体保管サービス開始

2023年12月22日/3PL・物流企業

PR記事

NXワンビシアーカイブズは12月22日、関西エリアで提供している「細胞・検体保管サービス」の対応温度帯に、-150度以下(液体窒素環境)を新たに追加したと発表した。

<西日本エリアで「細胞・検体保管サービス」を提供する関西地区保管センター>
20231222nx 520x391 - NXワンビシ/関西でー150度以下の細胞・検体保管サービス開始

<新設した液体窒素区画>
20231222nx1 520x391 - NXワンビシ/関西でー150度以下の細胞・検体保管サービス開始

同サービスでは、細胞やその他生体の一部組織等の生体試料を、液体窒素タンクや超低温フリーザー等で保管・管理しており、製薬・バイオ・再生医療業界で求められる水準を満たした環境で、冷凍・冷蔵での定温保管が必要な細胞・検体・試料・医薬品原薬などを、安全・確実・長期に保管することができる。

関西地区保管センター(滋賀県東近江市)の取り扱い温度帯は-80度帯、-30度帯、5度帯のみだったが、12月から液体窒素タンク保管エリアを増設し、-150度以下でのサービス提供を開始し、より幅広い保管管理需要に対応が可能となった。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース