LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





平塚市ほか/平塚市内の自動運転移動サービスにいすゞが参画

2024年01月22日/IT・機器

PR記事

平塚市、神奈川中央交通、三菱商事、アイサンテクノロジー、 A-Driveの5者が、2023年4月7日に締結した「平塚市内の自動運転移動サービスを中心とした地域公共交通のDX推進に係る連携協定」(連携協定)に2024年1月19日付で新たにいすゞ自動車が参画することになった。

<連携協定締結式の様子>
20240122hiratsuka - 平塚市ほか/平塚市内の自動運転移動サービスにいすゞが参画

いすゞ自動車は、物流・人流領域での社会課題の解決に向けて、DXによるイノベーション創出を掲げている。そのソリューションの一つとして自動運転の実用化を目指しており、5者といすゞ自動車の方向性が⼀致したことから、本連携協定の枠組に新たに加わる運びとなったもの。

また、平塚市、神奈川中央交通、三菱商事、アイサンテクノロジー、A-Drive、いすゞ自動車(連携協定の参加者を総称して「全協定者」という)は、連携協定に基づき、2024年1月22日より国土交通省の「地域公共交通確保維持改善事業費補助金(自動運転実証調査事業)」を活用した平塚市内での自動運転バスの実証実験を開始し、今後も自動運転バスの実用化を目指し取組を進めていくとしている。

なお、この連携協定は、全協定者が相互に密接な連携・協力を行い、各協定者が持つ資源を有効に活用した取組を推進し、自動運転技術の実用化を中心とした次世代モビリティに関するサービス提供やDX推進を通じて、地域住民の移動の利便性向上と持続可能な地域公共交通を実現し、もって地域の振興に資することを目指す、としている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース