LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





+A/日本通運の都市型倉庫に「t-Sort」32台を導入

2024年02月01日/IT・機器

PR記事

物流ロボティクスサービスを展開するプラスオートメーション(+A)は2月1日、日本通運の平井物流センターに「t-Sort sd5」32台を導入したと発表した。

<導入された「t-Sort sd5」>
0201514 520x314 - +A/日本通運の都市型倉庫に「t-Sort」32台を導入

平井物流センターは、生活雑貨のコンセプトショップへの物流業務を担うTC型倉庫。日々の出荷波動の振れ幅が大きな現場だが、床荷重が0.9t/m2で天井高も低く、同センターのスペックでは省人化や生産性向上を実現するための自動倉庫やマテハン機器を設置できないことが課題となっていた。また、都心のBOX型の倉庫で人材確保が難しく、スタッフがハンディターミナルを使用しピッキングする業務は、作業員への身体的負担が大きいことが懸念されていた。

発表によると、今回の「t-Sort sd5」を導した決め手は2点。1つ目は、t-Sortの運用方法が従来のオペレーションに近く、ロボットを活用したオペレーションへの移行ハードルが低かったこと。

2つ目は、t-Sortの設置に半日、本稼働まで3日という短リードタイムで出荷を止めることなく自動化の実現に至ったこと。いずれも現場への負担や変容が最小限であることが特徴だ。

これにより、日本通運の現場課題である、人手不足への対処と生産性向上の両立を後押し、現場業務の改善を実現。特に人手がかかる仕分け工程にt-Sortを活用することでスループットを平準化し、庫内業務全体の生産性引き上げに繋がったとしている。

「t-Sort」は、小型の無人搬送車(AGV)の一種。倉庫内の物品を搬送し、少人数・短期間・大量の仕分け作業を実現する「全設備可動式の次世代型ロボットソーター」。柔軟性が高く、導入後のレイアウト変更・移設が可能。。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース