LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





名鉄/運送事業の売上高は1.3%増、営業利益31.1%減

2024年02月13日/決算

  • 関連キーワード
  • 名鉄

PR記事

名古屋鉄道(名鉄)が2月13日に発表した2024年3月期第3四半期決算によると、運送事業の売上高は1061億7000万円(前年同期比1.3%増)、営業利益は25億3100万円(31.1%減)となった。

運送事業を構成する2つの事業の業績は、トラック事業が売上高1175億1300万円(0.4%増)、営業利益16億3900万円(25.9%減)。海運事業が売上高133億5100万円(4.0%増)、営業利益7億6500万円(43.0%減)。

同期は、海運事業の増収に加えてトラック事業での運賃単価の上昇が寄与し、売上高が前年同期を上回った。

一方で、営業利益は、人件費や燃料費の増加に加え、トラック事業での運送委託料の増加が影響し、2桁減益となった。

関連記事

決算に関する最新ニュース

最新ニュース