LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ラピュタ/NEDOスタートアップ支援事業に採択、18億円の助成

2024年06月12日/IT・機器

ラピュタロボティクスは6月12日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業(NEDO DTSU)」の第3回公募に採択されたことを明らかにした。DMP(量産化実証)フェーズにおいて、18億円の助成を受ける予定。

<NEDO DTSUに採択>
0612rapyuta1 - ラピュタ/NEDOスタートアップ支援事業に採択、18億円の助成

同社はこの助成事業により、倉庫コストの大きな割合を占める保管ピッキング作業の生産性向上に焦点をあて、既存の3つのソリューション(ピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」、自動フォークリフト「ラピュタAFL」、自動倉庫「ラピュタASRS」)のユースケースの拡張、ROIの向上、オペレーションツールを充実させる。

ECの活性化や物流2024年問題、労働力不足等により、倉庫作業の効率化が急務となるなか、現在保有する3つのソリューションを物流現場に適切に導入を進めることで、生産性を向上させ、物流問題の解決に貢献していきたい考えだ。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース