LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





大和ハウス、茨城県境町/大型物流施設竣工で災害発生時の支援協力締結

2024年06月24日/物流施設

大和ハウス工業と茨城県境町は6月24日、「災害発生時における支援協力に関する協定書」を締結した。

<災害協定締結式の様子、左:大和ハウス工業の更科 雅俊執行役員、右:境町の橋本 正裕町長>
20240624daiwa1 - 大和ハウス、茨城県境町/大型物流施設竣工で災害発生時の支援協力締結

<「DPL 境古河」外観>
20240624daiwa2 - 大和ハウス、茨城県境町/大型物流施設竣工で災害発生時の支援協力締結

境町では、これまで局地的な豪雨や台風による洪水、地震などの様々な災害への備えとして、他の行政機関や事業者などと災害時応援協定を締結している。このほど、大和ハウス工業が開発した大型マルチテナント型物流施設「DPL 境古河」が竣工したことで、両者は災害発生時の応急対策を円滑に遂行するために、同施設を近隣住民の一時避難施設や駐車場として活用することなどを定めた「災害発生時における支援協力に関する協定書」を締結したもの。

内容は「近隣住民の一時避難施設としての提供」、「 支援物資の一時保管、集積場所としての提供」、「 一時避難住民のための駐車場施設としての提供」、「本協定による支援として行うことが相当と認めたもの」の4点。

<広域図>
20240624daiwa3 - 大和ハウス、茨城県境町/大型物流施設竣工で災害発生時の支援協力締結

<詳細図>
20240624daiwa4 - 大和ハウス、茨城県境町/大型物流施設竣工で災害発生時の支援協力締結

なお、支援協力を行う物流施設「DPL 境古河」は、2024 年4月30日に竣工。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「境古河インターチェンジ」に隣接する産業用地「境古河IC 周辺地区土地区画整理事業内」にある。都心から50 ㎞圏内にあり、茨城県、埼玉県、千葉県の県境に位置することから関東一円への広域配送に適した立地。

また、「国道354号境岩井バイパス」沿いに位置しているため、一般道と高速自動車道ともにアクセスが容易であり、あわせて、圏央道を利用すると、東北自動車道「久喜白岡JCT」まで約20 ㎞と、東北方面、首都圏を繋ぐ物流中継拠点として利便性の高い立地環境。

地上4階建て、敷地面積5万8438.45m2、延床面積12万6660.75m2、最大8テナント(1 区画約1万3000m2~)の入居が可能な大型マルチテナント型物流施設。この施設では、災害発生時の被害を最小限にとどめ、早期に物流事業を再開するために免震システムや非常用電源を採用した他、1階の床高や主要な設備機器の設置面を、想定浸水位より高く計画するなど、防災にも配慮した施設とした。

また、ドライバー休憩室や従業員用のラウンジ、駐車場(普通乗用車289台分)を確保したことに加えて、物流の「2024年問題」を受けて作業効率化を図ることを目的として、トラックバース予約システムを提供。これにより、トラックバースへの接車前後の時間ロスを減らし、ドライバーの待機時間を削減することができる。あわせて、この施設では空調や照明などにおいて省エネ設備を導入したため、一般的な物流施設と比較して、設計一次エネルギー消費量を62%削減できる「ZEBReady」を達成した物流施設で、「BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)」では最高ランクとなる五つ星を取得している。

■概要
名称:「DPL 境古河」
所在地:茨城県猿島郡境町みらい平二丁目3-1
交通:圏央道「境古河インターチェンジ」近接
敷地面積:5万8438.45m2(1万7678坪)
建築面積:3万3648.89m2(1万178.79坪)
延床面積:12万6660.75m2(3万8314.87坪)
賃貸面積:10万6157.53m2(3万2112.65坪)
構造・規模:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、免震構造・地上4階建て
最高高さ:30.71m、幅:207m、奥行き:153m
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主:境古河特定目的会社(大和ハウス工業100%出資)
設計:フクダ・アンド・パートナーズ
施工:錢高組
着工:2022年10月1日
竣工:2024年4月30日

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース