LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





商船三井/アフリカの物流事業強化、大手Alistair社に資本参加

2024年06月27日/国際

商船三井は6月27日、サブサハラアフリカのクロスボーダー物流を担う Alistair(アリスター)グループ の25%の資本参加に合意したと発表した。

<Alistair社のトラックと港湾での荷役作業時の写真>
0627syouosenmitui3 - 商船三井/アフリカの物流事業強化、大手Alistair社に資本参加

Alistairグループは、サブサハラアフリカの8か国に事業拠点を持つ。アフリカ内陸部のコンゴ民主共和国、ザンビアから産出される銅およびコバルト等の重要鉱物資源を沿岸輸出港にトラックで輸送するクロスボーダー物流を中心に、通関、倉庫運営、港湾での荷役作業、物流DXサービスも提供している。約450台のトラックを保有し、従業員は約1000人。

<アフリカでの物流サービスを強化>
0627syousenmitui2 - 商船三井/アフリカの物流事業強化、大手Alistair社に資本参加

商船三井は1926年に日本の海運会社として初めて日本とアフリカ東岸を結ぶ航路を開設。これまで約100年にわたりアフリカ発着の海上輸送を行っている。近年では、南アフリカ、モザンビーク、ケニア、モーリシャスに拠点を展開し、航空輸送のフォワーディング事業や陸上輸送、倉庫事業、日本の中古農機輸出事業など様々な事業を展開している。

■Alistair社概要
名称:AHC Holdings Ltd
主な事業内容:トラック輸送、倉庫運営、通関、港湾物流、等
設立年:2008年
本社:モーリシャス
事業拠点:南アフリカ、タンザニア、ザンビア、コンゴ民主共和国、モザンビーク、ナミビア、ウガンダ

関連記事

国際に関する最新ニュース

最新ニュース