LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





CRE/冷凍車が冷蔵庫代わりに 庫内温度変化を試験

2024年07月03日/調査・統計

シーアールイー(CRE)は7月3日、持分法適用関連会社でトラックレンタル事業を行うA-TRUCKが実施した、冷凍車の庫内温度変化に関する試験結果を公開した。「イベントなどで冷凍車が冷蔵庫として活用できる」としている。

<冷凍車に常温の飲料を積載>20240703cre1 - CRE/冷凍車が冷蔵庫代わりに 庫内温度変化を試験

<常温の飲料が10度以下になるまでの時間を計測>20240703cre2 - CRE/冷凍車が冷蔵庫代わりに 庫内温度変化を試験

試験は、A-TRUCKの冷凍車を使った、常温飲料の冷蔵計測と配送シミュレーションにおける温度比較。

冷凍車は、冷凍・冷蔵品の輸送だけでなく、災害時に緊急物資を輸送したり、イベント会場で冷蔵設備の代わりを担ったり、様々な用途で活用される。そこで試験では、常温の飲料を冷凍車で冷蔵する際に、どれくらいの時間で積載全体がチルド温度帯(10度以下)に到達するかを計測した。

条件は、4t冷凍車、外気温30.9度、冷凍機設定温度0度。2Lの日本茶と500mlの炭酸飲料を段ボールに梱包して積載し、積荷の中央付近の飲料にセンサーを設置し液体の温度を計測したところ、日本茶は約17時間、炭酸飲料は約20時間で10℃以下に到達したという。

また、配送シミュレーションに関する試験では、A-TRUCK仕様と一般仕様の冷凍車で庫内の空間温度分布を継続的に計測し比較した。

条件は、4t冷凍車、外気温35度、冷凍機設定温度マイナス20度。30分走行後10分間エンジン停止(2分間サイドドアを開放、3分間リアドアを半分開放、ドアを閉め5分間停車)、30分走行を4回繰り返したところ、A-TRUCKの冷凍車は一般仕様より最大6度低温を維持できたという。

こうした結果からCREは「ドア開閉が多い配送でも庫内温度変化を抑え、品質保持に貢献できる」とし、例えば、被災地での食料保管のほか、業務用冷蔵庫が故障した外食チェーン店や野外イベントに出展する寿司チェーン店に冷凍車を提供したり、建設現場で食料や医療品を保管する場所として使ったりもできるのではないかとしている。

関連記事

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース