LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

昭和電工/レアアース磁石用合金工場の生産能力を50%増

2011年07月06日/物流施設

昭和電工は7月6日、ネオジム系レアアース磁石の原料である磁石用合金の生産能力を増強すると発表した。

中国江西省ガン州の合弁子会社の現行生産能力を月内に年産2000トンから3000トンに引き上げる。これにより同社の中国での磁石合金の生産能力は、内モンゴル自治区包頭(パオトウ)の合弁子会社の年産1000トンと合わせて、年間4000トンとなる。

昭和電工グループは本年より開始した中期経営計画「PEGASUS(ペガサス)」において、レアアース事業をハードディスクや黒鉛電極とともに積極的な拡大戦略を採る主力事業と位置づけている。

レアアース磁石に対する市場のニーズはますます高まるものと予想されることから、同社はレアアース磁石用合金を安定的に供給する体制を構築し、豊かさと持続性が調和する社会の創造に貢献する。

なお、この磁石用合金はハイブリッド自動車等の駆動モーター、自動車の電動パワーステアリング、ハードディスクドライブのボイスコイルモーター等に使用されている。

■合弁子会社の概要
社名:ガン州昭日稀土新材料
所在地:江西省ガン州経済技術開発区
資本金:9億円
設立:2006年8月
出資比率:昭和電工80%、東海貿易10%、他中国側パートナー2社計10%

関連記事

国際に関する最新ニュース

最新ニュース