住友重機械/ブラジルの新工場開所

2011年11月25日 

住友重機械工業は11月22日、ブラジル・サンパウロ州に設立した新工場を開所した。

<新工場>
20111125sumitomo - 住友重機械/ブラジルの新工場開所

新工場では中大型減速機を生産し、各種クレーン、セメント・石炭ミル設備、発電設備、エレベータなどに広く供給する。

63億円を投じ、工場面積は1万1200㎡で生産能力は月産200台。2015年には約50億円の売上げを見込んでいる。

なお、減速機は国内3か所、中国3か所、ベトナム1か所、ドイツ1か所、アメリカ1か所を生産拠点とし、全世界に製品を供給している。

工場の概要
社名:Sumitomo Industrias Pesadas do Brasil Ltda
所在地:ブラジル連邦共和国サンパウロ州 Rodovia do Acucar (SP-075) Km 26, in the city of Itu, Sa~o Paulo, Brazil
代表者:Mateus C. Botelhos
事業内容:ブラジルおよび南米地域における中大型減速機の製造、販売
設立年月日:2010年7月28日
工場敷地:44万7000㎡
建屋面積:2400㎡

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集