LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

住友化学/ポーランドにチタン酸アルミニウム製DPF製造プラントを新設

2011年11月28日/生産

住友化学は11月28日、9月に設立した住化セラミックスポーランドでDPF製造プラントを建設すると発表した。

同社のチタン酸アルミニウム製DPFは、すすの限界堆積量、耐熱衝撃性などの点で、現在主流のシリコンカーバイド製より優れた特性を有していることから、事業化に向けた取り組みを進めてきた。

今回のプラントは2013年第3四半期稼動開始を予定で、市場が拡大する欧州において2014年初めから本格的に販売を開始する計画。

■概要
会社名:Sumika Ceramics Polandsp.zo.o.(住化セラミックスポーランドsp.zo.o.)
所在地:ポーランド共和国
資本金:160万PLN
株式構成:住友化学100%
設立年月:2011年9月30日
事業概要:Diesel Particulate Filter(DPF)の製造販売、およびテクニカルサービス

関連記事

国際に関する最新ニュース

最新ニュース