日本郵船/エコプロダクツで最先端の省エネ運航の取り組み紹介

2011年12月05日 

日本郵船は12月15日から17日まで東京ビックサイトで開催される環境展示会「エコプロダクツ2011」に出展する。

<未来のコンテナ船「NYKスーパーエコシップ2030」>
20111205nyk1 - 日本郵船/エコプロダクツで最先端の省エネ運航の取り組み紹介

2年ぶり3回目の出展で、太陽光パネルと二次電池を搭載した環境フラッグシップ「アウリガ・リーダー」、泡の力で摩擦抵抗を低減させる空気潤滑システム搭載モジュール船といった、環境負荷低減の新技術、現在船舶で実施されている最先端の省エネ運航の取り組みを紹介する。

同社ブースはグッドデザイン・フロンティアデザイン賞を受賞した未来のコンテナ船「NYKスーパーエコシップ2030の模型展示、操縦を体験できる「操船シミュレーター」の展示など、大人から子どもまで「見て・聞いて・体験して」楽しめるブースとなっている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集