楽天/兵庫県川西市に物流拠点を2013年秋に開設

2012年09月10日 

楽天は9月10日、2013年秋を目処に、兵庫県川西市に物流拠点を開設すると発表した。

<完成予想図>

施設はプロロジスと賃貸借契約を結び、延べ床面積約7.8㎡で、関西圏を中心とした西日本地域をカバーする国内物流の戦略的拠点として運営する。

開発予定地は、大阪市中心部より15km圏内の兵庫県川西市に開発し、中国自動車道 池田インターチェンジより約4km、名神高速道路尼崎インターチェンジより約8.5km、国道176号線より約500m、さらに大阪国際空港(伊丹)にも約5.5kmと近接している。

建物上部に大型車両が乗り入れ可能なスロープを備える。

楽天は、2010年に千葉県市川市に物流拠点を開設し、楽天ブックスと、楽天市場に出店企業が一括して商品を購入しまとめて受け取ることができるサービス「楽天24」の商品を取り扱ってきた。

今夏から、楽天の子会社である楽天物流が、商品在庫の入出荷、保管、梱包、配送、カスタマーサービス、各種VAS(バリューアデッドサービス)などの総合フルフィルメントサービス「楽天スーパーロジスティクス」を、楽天市場に出店する店舗に対し、市川のセンターを拠点として提供している。

来年、関西に物流拠点が開業することで、「楽天スーパーロジスティクス」の処理能力を高めると同時に、西日本地域への配送リードタイムの短縮を図る。

■新物流拠点計画概要
所在地:兵庫県川西市
敷地面積:約3万7787㎡
計画延床面積:約7万7576㎡
着工予定:2012年11月
竣工予定:2013年11月末

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集