日立オートモティブシステムズ/メキシコで自動車機器システムを生産

2012年09月21日 

日立オートモティブシステムズは9月21日、メキシコケレタロ州で、自動車機器システムの工場建設を開始したと発表した。

メキシコで増加する自動車生産への対応や、特恵貿易協定を活用した米州全域の自動車メーカーへの供給をさらに強化していくため、ケレタロ州に約20万㎡の敷地を確保。

2014年4月からサスペンション製品の量産を開始する計画で、以降生産品目も順次拡大させていく。

2012年から2015年までに1億米ドル(約78億円)の投資を予定している。

■現地法人の概要
名称:日立オートモティブシステムズケレタロ可変資本会社
工場所在地:ケレタロ州サンタロサハウレギ
資本金:2億2419万9130ペソ(約13億4500万円)
設立年月日:2012年7月2日
株主構成:日立オートモティブシステムズ 99.98%、UNISIA MEXICANA, S.A. DE C.V. 0.02%
事業内容:自動車機器システム製品の製造
事業開始時期:2014年4月(予定)
従業員数:約400~700名(2017年時計画)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集