野村不動産/八王子市と柏市で大型物流施設用地、5.2万㎡取得

2014年03月18日 

野村不動産は3月18日、大規模高機能型物流施設「Landport」の開発用地を東京都八王子市と千葉県柏市で取得したと発表した。

(仮称)Landport八王子Ⅱ(敷地面積:約4,900坪)は、北八王子工業団地に位置し、中央自動車道国立府中ICより約7km、八王子ICより約4kmと高速道路のアクセスに優れ、国道20号線等の幹線道路を経由して東京西部の物流拠点として、利便性に優れたエリア。

建物計画は、4階建て延床面積約1万1000坪、トラックが上層階に直接乗り入れ可能な施設計画とし、多様な分割ニーズにもフレキシブルに対応可能なプランを想定しており、着工は2015年夏、竣工は2016年夏を予定している。

(仮称)Landport柏沼南(敷地面積:約1万1000坪)は、沼南工業団地隣接地域に位置し、常磐自動車道柏ICより約12km、国道16号線等の幹線道路を利用し、県内だけではなく、首都圏への広域配送が可能な立地。

建物計画は3階建ての延床面積約1万5000坪、余裕のある階高設定により、将来の拡張や季節波動による荷量増加に対応可能なプランを想定し、着工は2015年春、竣工は2016年春を予定している。

<立地>
20140318nomura

野村不動産は、グループにて首都圏で6物件約10万坪の「Landport」シリーズを開発し、運営中。

3月に竣工したNREG川崎ロジスティクスセンター(延床面積約15,000坪)、来年1月に竣工予定のLandport厚木金田(延床面積約11,700坪)により約13万坪の規模となる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集