キヤノンITS/大阪でグローバル生産拠点の効率活用、コスト低減セミナー

キヤノンITソリューションズは3月17日、大阪で製造業様向けグローバル競争力強化セミナーを開催する。

テーマは、「多拠点製造における生産適正配分とトータルコスト最少化」~グローバル生産拠点を効率的に活用し、コスト低減を実現~。

セミナーでは、連結原価に着目し、製造拠点の生産配分の適正化、製造・物流コスト等のトータルコストを最少化する術を、いくつかの事例を交え、紹介する。

■開催概要
日時:3月17日(火)14:00~17:00 (受付13:30~)
場所:大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル18Fセミナールーム
主催:キヤノンITソリューションズ
共催:アットストリーム、アスプローバ、
   東洋ビジネスエンジニアリング
定員:20名(事前登録制)
参加費:無料

■詳細・申し込み
http://www.canon-its.co.jp/seminar/20150317seizosol.html

■プログラム
14:00~14:10 挨拶

14:10~15:10
海外生産拠点を含む連結原価管理の必要性と課題・ポイント
アットストリーム 
シニアマネジャー 川上 徹氏

15:10~16:00
グローバルERP「MCFrame」による連結原価把握と生産適正化
東洋ビジネスエンジニアリング 
マーケティングアライアンス部 
柴田 康平氏

16:10~17:00
単拠点から多拠点へ、生産計画立案への「Asprova」活用事例
アスプローバ 
大阪支店 花井 友幸氏

17:00~17:30
閉会後、希望者のみ、個別相談会

■問い合わせ
キヤノンITソリューションズ
SIサービス事業本部 西日本事業部 西日本営業第一部
TEL:06-7635-3059
sup-sol@canon-its.co.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集