日本郵船/中部電力向け石炭専用船が竣工

2015年09月29日 

日本郵船は9月29日、グループ会社でシンガポールの現地法人NYK Bulkship (Asia)が建造発注した10万載貨重量トン型ばら積み船「天竜丸」が25日、長崎県の大島造船所で竣工したと発表した。

<天竜丸>
20150929nyk 500x381 - 日本郵船/中部電力向け石炭専用船が竣工

天竜丸は、NYK Bulkship (Asia)と中部電力の子会社が共同保有する業界初の石炭専用船で、竣工後は中部電力が運転する火力発電所向けの専用船として、主に豪州やインドネシアなどからの石炭輸送に従事する。

幅広・浅喫水を採用し、通常のパナマックス型船と比べて載貨重量トン数を増加させ、輸送効率を向上させている。

■概要
全長:249.98m
全幅:43.00m
夏期満載喫水:12.833m
総トン数:5万6897トン
載貨重量トン数:10万172トン
造船所:大島造船所
船籍:シンガポール

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集