LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

マルイチ/ロジボード、ケースロックでグッドデザイン賞にW受賞

2015年10月09日/物流施設

マルイチは10月9日、日本デザイン振興会が主催する2015年度グッドデザイン賞で、物流魂シリーズのトラック輸送用緩衝材「ロジボード」、荷崩れ防止ベルト「ケースロック」がグッドデザイン賞をダブル受賞したと発表した。

<トラック輸送用緩衝材ロジボード。5つのラインナップで展開している>
20151009maruichi1 500x375 - マルイチ/ロジボード、ケースロックでグッドデザイン賞にW受賞

審査員によると、ロジボードは従来のトラック輸送用緩衝材とは異なり、L字の肉抜きを施すことにより、耐衝撃性はそのままに1㎝薄いものと同等の価格、重量を実現するとともに、指で掴むことが可能となるなど、安全性、使い勝手に配慮したデザインであることが高く評価されての受賞となった。

機能美をコンセプトに設計され、機能性とデザイン性、さらにコストの低減を実現したトラック輸送用緩衝材として販売中だが、今回の受賞によりさらに物流業界の内外に認知、浸透させたいとしている。

<荷崩れ防止ベルトケースロック。30秒の高速装着、収納を実現した>
20151009maruichi2 500x375 - マルイチ/ロジボード、ケースロックでグッドデザイン賞にW受賞

ケースロックは荷物の上にかけるトップブリッジを採用することにより、ストレッチフィルムの環境負荷や、他の代替製品の作業効率の低さを解決し、バックルの形状など随所に作業者に配慮した工夫が凝らされている点が高く評価された。

物流資材は「使い捨て」のイメージがあったが、同社は作業効率、コストダウンに加えデザイン性も持たせることにより、物流資材に道具としての光を当て、輸送にクリエイティブな空間を創造していきたいとしている。

物流業界はデザイン面で後発的なイメージがあるが、今回難関と言われるグッドデザイン賞を同社が二部門受賞することにより、マルイチではこれからの物流は機能性はもちろん、その中に遊び心やデザイン性を持たせることが新しい流れになっていくのではないかと期待している。

マルイチは物流に「機能美」を浸透させ、作業性だけでなく、デザイン性の向上を目指していくとしている。

■受賞対象
ロジボード
5cm厚版(50×1000×1200mm/6枚梱包)
4cm厚版(40×900×1200mm/8枚梱包)
2cm厚版(20×900×1200mm/16枚梱包)
ロジボードS(80×900×1200mm/4枚梱包)
ロジボードサブロク(40×900×1800mm/6枚梱包)

ケースロック
45-SM(450mm幅 900×900/900×1100パレット用)
45-LM(450mm幅 900×1100/1100×1100パレット用)
W-SM(950mm幅 900×900/900×1100パレット用)
W-LM(950mm幅 900×1100/1100×1100パレット用)

問い合わせ
マルイチ
神奈川県厚木市酒井3162 マルイチビルヂング7F
TEL:046-220-1701
info@maruichi-tec.co.jp
http://www.maruichi-tec.co.jp

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース