ユーピーアール/作業負荷を低減する、新ワークウェア販売

ユーピーアール(Upr)は9月13日、さまざまな作業シーンでスタイリッシュに着こなし、腰や身体の疲労を軽減する新しいワークウェア「サポートジャケットBb+PRO」を開発、法人向けに販売を開始した。

<サポートジャケットBb+PRO>
20160913upr 500x363 - ユーピーアール/作業負荷を低減する、新ワークウェア販売

着用するだけで日常作業での作業負荷を低減する、全く新しいワークウエア。

利用者目線での開発を第一に、1000社を超える現場の要望・意見を基に金沢大学、山本寛斎事務所とuprが共同研究を重ね、開発に成功。

流通・運送、介護、農業・漁業・林業、製造業、建設業、サービス業などを中心に、職場で頻繁に行う「荷物の上げ下ろし作業」や「立ち作業」、「中腰・前傾姿勢での軽作業」で腰や身体への負担がかかりにくい姿勢に着目。

第二の背骨(Bb+、バックボーンプラス)により、正しい姿勢を導きながら腹筋と背筋を正常に機能させ、連続作業によって蓄積される腰や身体への負担が軽減できるよう設計されたワークウェアとなっている。

希望小売価格は3万円(税抜)、初年度1万着の販売を目指す。

9月13日~16日に開催中の「国際物流総合展2016」のuprブースに出品、その場で試着体験可能となっている。

■サポートジャケットBb+PRO
http://www.upr-net.co.jp/suit/supportjacket.html

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集