日通/東京都江東区新砂に15万m2のマルチテナント型物流施設竣工

2017年01月23日 

日本通運は1月19日、東京都江東区新砂に273億円(土地代除く)を投じ、マルチテナント型物流施設「Tokyo C-NEX」を竣工、1月23日に公開した。

<航空写真>
20170123nittsu1 500x546 - 日通/東京都江東区新砂に15万m2のマルチテナント型物流施設竣工

<正面パース>
20170123nittsu2 500x326 - 日通/東京都江東区新砂に15万m2のマルチテナント型物流施設竣工

<正面写真>
20170123nittsu3 500x334 - 日通/東京都江東区新砂に15万m2のマルチテナント型物流施設竣工

アクセスは首都高速湾岸線新木場ICから5分、JR京葉線潮見駅から徒歩12分、地下鉄東西線東陽町駅から徒歩18分の立地。周辺には物流施設が数多くあり、隣には新東京郵便局がある。

周辺には日通の物流施設が11か所もあり、「Tokyo C-NEX」は城東地区の拠点、シンボルタワーとなる施設と位置付けている。

「Tokyo C-NEX」は日通としては珍しく、マルチテナント型の物件。現在のところ1階部分にはグループ会社の日本トラック、資本提携を結んだ名鉄グループと日通トランスポートのターミナルを併設する予定。

5階には3PL業務として事務機・什器メーカーの岡村製作所が入居することが決まっており、2階から5階の4フロアの内、残り1.5フロアでテナントを募集している。

<日本通運営業部の篠原亨明次長(右)、上村真理子主任(左)>
20170123nittsu4 500x334 - 日通/東京都江東区新砂に15万m2のマルチテナント型物流施設竣工

日本通運営業部の篠原亨明次長は「Tokyo C-NEXはこの地域の拠点として開発した。近くに11もの日通の物流施設があり、繁忙期の従業員対策も兼ねている。人手不足が深刻だけに、繁忙期の違う業種の従業員を相互にシェアすることで、従業員不足対策に対応している。また、当社が3PLで配送も含めて受託できることが望ましいが、そうでなくても大丈夫で、相談させていただければと思います」と話す。

「Tokyo C-NEX」の特徴は、マルチテナント型としてワンフロア約2万3000m2の高効率オペレーションを実現。各輸送基地が至近の上、路線便ターミナルも設置している。建物構造・設備では、躯体に梁がないため、天井高を最大限に利用できる。

今後のロボット化・IoT化に備え大容量受電設備を完備し、特別高圧を使用し最大3500Kvaを受電でき、5500Kvaまで拡大できる。免震構造と非常用電源によるBCP対策も徹底している。

<倉庫内部。天井部は梁がない。照明はすべてLED>
20170123nittsu51 500x334 - 日通/東京都江東区新砂に15万m2のマルチテナント型物流施設竣工

<1500Kvaの発電機出力の大型非常用発電機設備。9000リットルの容量タンクを持ち、3日間の最低電力を維持できる>
20170123nittsu61 500x334 - 日通/東京都江東区新砂に15万m2のマルチテナント型物流施設竣工

<入口付近の防災センター>
20170123nittsu71 500x334 - 日通/東京都江東区新砂に15万m2のマルチテナント型物流施設竣工

半径15㎞以内に各輸送基地が点在していることも魅力の一つ。JR貨物の隅田川コンテナ、東京コンテナ、羽田空港、東京港などがこの範囲にあり、フレキシブルに輸送モードを選択できる。

<アメニティー室。奥にコンビニ(売店)を設置予定>
20170123nittsu81 500x334 - 日通/東京都江東区新砂に15万m2のマルチテナント型物流施設竣工

C-NEXのCは、「さまざまな意味があり、カスタマー、コンビニエンス、コンスタンス、センター、チャンス、コアなどを総称して頭文字のCを付けたもの」と上村真理子主任は説明した。

■概要
所在地:東京都江東区新砂2-4-17
名称:「Tokyo C-NEX」
敷地面積:5万9507m2
延床面積:15万709m2
基本仕様:天井有効高:5.5m
     床荷重:1.5t/m2
     進入路:ダブルランプウェイ
ワンフロアでの接車バース:44台

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集