NTTデータ/AIを活用し「物流業務変革コンサルティングサービス」を提供

2017年05月31日 

NTTデータは6月1日、社会問題化している物流需給ひっ迫を解決するために、AIを活用した「物流業務変革コンサルティングサービス」の提供を開始する。

「物流業務変革コンサルティングサービス」は、人手に依存している物流業務の自動化・最適化に向け、AI技術をはじめとしたデジタル技術を適用することで、現場業務の変革を支援するコンサルティングメニュー。

サービスの開始に先立って「物流画像判別AIエンジン」を開発し、鈴与と佐川急便の協力のもと、多様な荷物の判別や自動仕分けに対する有用性を検証した。

最新のディープラーニング技術を取り入れたこのエンジンでは、世の中に流通する多様な荷物の荷姿、寸法、取り扱い、汚れ、破損の有無など最大1000種類の特徴を画像から自動的に判別できる。

エンジンの応用範囲は幅広く、倉庫の入庫検品、仕分け、積み降ろし業務のロボット化に役立てられるだけでなく、将来的に、他分野にも適用が可能だ。

NTTデータは、物流業務でのAIの導入方法論を活用し、コンサルティングサービスと「物流画像判別AIエンジン」等を含むシステムの提供を通じて、2020年度末までに累計100億円の売上を目指す。

<物流画像判別AIエンジンの活用例>
20170531ntt 500x282 - NTTデータ/AIを活用し「物流業務変革コンサルティングサービス」を提供

なお、「物流画像判別AIエンジン」の活用例として、積み込み・積み降ろし作業への適用では、人手での重労働となっているトラックへの荷物の積み込みやトラックからの荷物の積み下ろしを、物流画像判別AIエンジンによる荷姿の自動判別結果をインプットしたロボットによる自動積み込み/積み降ろしにより、作業者・ドライバーへの負担軽減を図る。

検品・梱包作業への適用では、目視により時間をかけてキズ・破損を確認している検品・梱包作業を物流画像判別AIエンジンによる画像判別により自動判別し、作業時間の短縮および精度の向上を図る。

ドローン等による棚卸し作業の自動化では、人手で長時間をかけて実施している倉庫内での棚卸し作業、特に危険を伴う高所での作業を、物流画像判別AIエンジンを搭載したドローンなどのロボットを倉庫内で巡回させることで自動化し人手での作業時間や危険性の軽減を図る。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集